2019年12月31日

【事務局からのお知らせ】自動運転車両の運行ダイヤとルートのお知らせ

奥永源寺自動運転事務局のキクです。

奥永源寺自動運転車両の時刻表と走行ルートを改めてご案内させていただきます。
1日6便、道の駅から黄和田町、杠葉尾町の集落内を走っております。

乗車いただくにはチケットが必要です。チケットは道の駅の売店にて1枚20円で販売しております。
道の駅以外から乗車される場合には車両に乗車しているスタッフから購入いただくこともできます。

乗車のご予約は下記サイトからまたは事務局にお電話ください。
皆様のご来訪をお待ちしております。
■予約サイト
http://okueigenji-autocart.net/
■事務局電話番号(9時〜17時まで)
080-7485-5025

ブログ用.jpg

posted by 渓流の里 at 15:10| Comment(0) | 事務局からのお知らせ

2019年12月10日

【実験26日目】気楽な移動が当たり前に

奥永源寺自動運転事務局の泊です。

今日のお昼間は、12月とは思えないほど暖かく過ごしやすいほどでした。

さて、この写真で車両の左側に写っている赤白交互に塗られたポールの正体を皆さんはご存じでしょうか。
R0012000.JPG
これは「スノーポール」と呼ばれるもので、雪が積もった時に道路の端っこを示す目印です。
この地域では、多い時には雪が30pほど積もるそうです。

これからの季節、寒くて外を歩くのが辛い日も少なくないはずです。
そんな日であっても自動運転により、お買い物や通院、ご友人のお家に当たり前のように気楽に出かけられる日がもうすぐ来るのかもしれませんね。

posted by 渓流の里 at 18:19| Comment(1) | 日記

2019年12月09日

【実験25日目】地域の方のご利用

奥永源寺自動運転事務局の渡辺です。

本日はお一人の短い距離の移動ですが、自動運転サービスのご利用がありました。

R0011984.JPG

地域に住むおばあちゃんが、お兄さんにお見舞いするためのご利用でした。

R0011992.JPG

おばあちゃん自身も足が悪く、長い距離を歩くことが困難だそうです。
予約時には、できるだけ自宅の近くでご乗車いただきたいことをお伺いしていました。

私は、このような地域の方の日常生活の中で、自動運転サービスをご利用していただくことに、とてもうれしさを感じました。

ゴルフカート型という小さい車両であるためか、利用者に親近感が湧いているような気もしています。

道の駅に来るためだけでなく、集落の中のちょっとした移動においても、自動運転サービスが活躍できるような姿が理想です。

引き続き事務局も精進してまいりますので、ご利用の程よろしくお願いいたします。
posted by 渓流の里 at 18:56| Comment(0) | 日記

2019年12月08日

【実験24日目】実験ルートには鹿もでます

奥永源寺自動運転事務局のキクです。

奥永源寺自動運転実験ルートを通っていると、たまにですが、サルをみかけることはありました。
そして、今日は初めて鹿と遭遇しました!残念ながら、写真に収めることはできませんでした。
地元の方によると、この時期の鹿は鹿刺にして食べることもあるとか。
ワイルドですね。

そんな私の今日の昼食は「うをまつ」さんの親子丼でした。
寒い季節に暖かいどんぶりものを食べると元気がでますね。
DSC_2105.jpg

自動運転実証実験はまだまだ続きます。
皆様もぜひご参加ください。もしかしたら、鹿と出会えるかもしれませんよ。
posted by 渓流の里 at 22:00| Comment(0) | 日記

2019年12月07日

【実験23日目】道の駅の水族館

こんにちは。奥永源寺自動運転事務局の辻です。


本日も、奥永源寺はだいぶ冷え込みました。
12月の紅葉のシーズンも終わりになり、
週末ではありますが、道の駅にいらっしゃる方も
少なくなってきました。

今回の長期実験の受付場所として、道の駅1階の休憩室を
お借りしておりますが、休憩室内に水族館があるのをご存じでしょうか?

「淡水に生きる魚たち」

と称して、イワナやアマゴなどをはじめとする魚たちが楽しく
泳いでおります。自動運転車両に乗車される際には、
こちらの水族館もぜひご覧ください!!

DSCF5166.JPG

DSCF5161.JPG


また、紅葉シーズンも終わったとはいえ、
まだ少しは色づいてます。ススキを眺めながらの
自動運転の走行もいいもんですね。

R0011579.JPG


引き続き、乗車をお待ちしております!
posted by 渓流の里 at 17:17| Comment(0) | 日記