2019年12月06日

【実験22日目】うっすら雪が。。。

こんにちは。奥永源寺自動運転事務局のいちもとです。

今朝は冷え込みがひどく、みぞれ混じりでした。
まわりの山の頂はうっすら白くなっており、
ドライバーの方は、次に降るときにはここら辺まで
降りてくるなぁ、とおっしゃっていました。
IMG_5323[1].JPG

カートタイプの自動運転車には厳しい季節の到来です。。。
R0011460.JPG

そんな中、東京から関係者の視察団が来られ
地元の方々と活発な意見交換をされました。
DSCF5143.JPG

あと2週間、さらに交流が広がるといいですね。

posted by 渓流の里 at 16:57| Comment(0) | 日記

2019年12月05日

【実験21日目】関西テレビ様の取材

奥永源寺自動運転事務局の梅田です。

今日は実験21日目でした。

前回私が担当したのは11月下旬の暖かい日曜日だったのですが、
今回は気温がとても低く、現地入りした時点では道の駅の気温表示が2度を示しておりました。
そんな寒い中ではありましたが、今日も地元の方々に自動運転車両を利用していただくことができました。
R0011393.JPG

そして、今日は現場に関西テレビ様が取材に来られていました。
車両の性能や現場での用途などについて細かく質問されており、伝えるということに対して並々ならぬ熱意を感じました。
それと同時に、事務局としても質問に対する答え方を考える中で、改めて自動運転について考える良いきっかけとなりました。
R0011427.JPG
R0011448.JPG

この実験での一つの楽しみである昼食ですが、今日はとても寒かったので、気合を入れるためにダムカレーを食べました!
入っている野菜には余計な仕事はされておらず、引き算により雑味を抜き、素材の味をダイレクトに楽しむことができました!イワナの揚げ物も塩加減や衣の歯ざわりがよく、このクオリティでこの低価格を実現できていることに驚くばかりです!
R0011398.JPG

今日の取材内容は関西テレビ放送の報道ランナーにて放送される予定とのことです。
お見逃しなく!!!
posted by 渓流の里 at 17:13| Comment(0) | 日記

2019年12月04日

【実験20日目】お買い物ツアー

奥永源寺自動運転事務局の杉山です。

今日は本実験で初めて”お買い物ツアー”を開催しました。
”お買い物ツアー”は地元の方にスーパーマーケットへのお買い物に自動運転とちょこっとバス(東近江市のコミュニティバス)の乗り継ぎ(往復)を試行的に体験していただく試みです。
本日のお買い物ツアーでは4名の地元の方にご利用いただきました。

写真@コミュニティバスから降車
R0011216.JPG

写真Aスーパーに入店
1204八尾亀.PNG

写真B帰宅時の荷下ろし
IMG_1390.JPG

実際に体験いただいた方には普段は歩きで移動しないといけないところを自動運転車両で移動できてよかった。とても満足だと高評価をいただきました。

posted by 渓流の里 at 17:04| Comment(0) | 日記

2019年12月03日

【実験19日目】料理人からドライバーへ

奥永源寺自動運転事務局の植田です。

今日は実験開始以来初めて、道の駅が定休日でした。
実は、観光客などが多い11月とGWは休みなく営業していますが、
それ以外の時期は毎週火曜日が定休日なのです。
おまけに終日雨が降ったり止んだりという天気で、
先月はあれほど賑わっていた道の駅も今日はこんな感じでした…。

191203_001.jpeg

そんな中、今日はお店が定休日なのでということで、
道の駅にある定食屋「まなびや」の店主がドライバーに名乗り出てくださりました。
練習以外では初めての自動運転車両のドライバーもお手の物で、
我々スタッフも安心してお願いできました。

R0011198.JPG

明日からはまた、道の駅も通常営業の予定です。
自動運転車両に乗って、道の駅で昼ご飯を食べて帰る、
そんなちょっとした旅はいかがでしょうか。

R0011212.jpg
posted by 渓流の里 at 18:33| Comment(0) | 日記

2019年12月02日

【実験18日目】「奥永源寺体力アップ運動教室」開催!

奥永源寺自動運転事務局の渡辺です。

12月になると、一段と寒くなってきました。
外出の機会が減る中、体は動かしていたいですよね。

ということで、先日は「奥永源寺体力アップ運動教室」が地元で開催され、多くの住民の方々が参加していました。

体操.jpg

こちらは奥永源寺スポーツクラブが主催しており、年8回ほどこうした運動の企画をしているそうです。
その中で、毎年琵琶湖学院の学生と地元の方々が一緒に体力測定を実施しています。
学生が高齢の方々と交流できる機会はとても貴重だそうで、大学に戻っては、高齢者向けのスポーツを企画・提案しているそうです。
地元の方々も、若い人との交流はとても刺激になるはずです。

今回は、一人の方に自動運転車両に乗車いただき、運動教室に参加いただきました。
このように自動運転サービスが、地域のイベントへの参加をサポートできることはとても幸せなことだなと感じました。

ということで、明日からも地元の方々に振り向いて利用されるよう、自動運転事務局も頑張ります!

DSCN5193.JPG
posted by 渓流の里 at 22:06| Comment(0) | 日記